暗い雰囲気を漂いながらも、この先にきっとあるであろう希望を期待せずにはいられない、不思議な魅力を持つ絵本

自然に対する人間のあり方を、イラストとストーリーを味わいながら考えることのできる絵本

子供が大きくなると、自分の気持ちだけでなく、他の人や動物にも優しい気持ちを持つようになります。この絵本は、人間の都合で住処を次々と追い立てられた、2匹のカエルが主役です。「自分たちさえ幸せならそれでいいの?」そんなメッセージがストレートに伝わってくる、優しい気持ち・考え方を育ててくれる絵本です。生きとし生けるものとの共生を謳う戸田デザイン研究室・戸田幸四郎さんの絵本です。線も色もシンプルなイラストで描かれた明るい作品が多いのですが、こちらは暗い雰囲気を漂い、黒く太い線や色が存在感たっぷり。人間の恐ろしさを表しているように見えます。

そんな絵本ですが、カエルの表情はとてもさまざま。また、しあわせを追い求めて諦めないカエルには、応援・期待をしたくなる不思議な魅力があります。そしてカエルの立場になって、人間のわがまま、自然に対してのあり方について考えさせられる一冊です。

【戸田デザイン研究室】おいたてられた2匹のカエル

戸田デザイン研究室はシンプルなイラストの知育絵本を始め、知育おもちゃも作っています。また、静岡県熱海市には戸田幸四郎絵本美術館もあり、「おいたてられた2匹のカエル」のストーリーとも関連性の高い、「生きとし生けるものとの共生」を謳っています。この美術館では「おいたてられた2匹のカエル」はアイコン的存在になっており、この2匹をモチーフにしたカエルたちが点在しているそうです。戸田デザイン研究室にとって、それほど特別な存在なのでしょう。

これからも自然と共に生きていくために、人間は自然とどう向き合うべきなのか、また自然に対してどうあるべきなのか、とても考えさせられる一冊です。 戸田さんがこの絵本を読む子どもに対して、自然との共生について「シンプル」に「わかりやすく」伝えているようにも感じます。暗い雰囲気が漂いますが、子供の心を大いに育んでくれる絵本です。絵も重さのあるタッチですが、この2匹のカエルに愛着が湧いてきます。また、カエルの立場になってみることで、客観的に人間を見ることのできる機会を与えてくれます。子どもだけでなく、親子で一緒に読んで、考えてみてはいかがでしょうか。

  • おいたてられた2匹のカエル

戸田幸四郎さんの、自然に対する人間のあり方についての課題を絵本にしたものです。表紙には「すこしのあいだ、カエルになってみませんか。」のメッセージ。カエルの立場になって、人間について考えることができます。

  • おいたてられた2匹のカエル

    商品名:おいたてられた2匹のカエル
    商品コード:IROYA-000318
    発売日(取扱日):2016年08月05日
    サイズ(重量):W275mm、H220mm(-g)

    価格(税込)¥1,728

    数量

材質
生産国
日本
生産地
-
ブランド
戸田デザイン研究室
対象年齢
5歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
34ページ
作・絵 とだこうしろう
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集