当時の製作スタッフが作ったウルトラマンができるまでがわかる絵本

子どももパパも大興奮!お家にいながら特撮現場を見学できる絵本‼

昭和のヒーローとして誕生し、現在も揺るぎない人気を誇る「ウルトラマン」。子どもたちから昭和の時代に子どもだった大人まで、幅広い年齢層の人々に愛され続けています。そんな「ウルトラマン」ができるまでを描いた絵本が登場しました!さぁ、当時の空気を感じながら、家族で特撮の裏側見学に出掛けましょう‼

【偕成社】ウルトラマンをつくったひとたち

1966年に放送が始まった「ウルトラマン」。2016年に50周年を迎えることを記念して、絵本「ウルトラマンをつくったひとたち」が誕生しました。当時、現場にいたスタッフによって描かれたこの絵本には、スタッフの打合せから、デザイン・造形・模型・セット撮影、特撮ステージの様子などを見ることができます。「ウルトラマン」の製作スタッフのデンさんが、監督を探して特撮のスタジオ内を歩きながら当時の特撮技術を紹介していく流れは、読者をまるで特撮現場の見学に訪れているような気分にさせてくれます。現在のように様々な技術が発達していなかった当時、ほとんどが人の手で作り上げられていました。それをとても多くの人々で支え合っていたことに、改めて驚きと素晴らしさを感じることができます。ウルトラマンが好きな人がこの絵本を手に取れば今よりもっと好きになり、初めてウルトラマンを知った人はウルトラマンへの興味が湧くそんな1冊ですよ。

著者である飯塚定雄は、当時作画技師を担当し「ウルトラマン」の必殺技“スペシウム光線”を作っていました。1934年に生まれ、1954年に高校に通いながら二科会の美術研究所で東郷青児に絵画を学びました。また、同時に東宝撮影所のアルバイトとして、特撮映画の美術助手の活動もしていました。1957年から円谷英二の奨めにより、室内合成の光学作画を担当するようになりました。現在はデン・フィルム・エフェクト代表取締役社長に就任しています。そして、この絵本を出版した偕成社は「偕(とも)に成る」という意味を表す名前で1936年に創業されました。戦後は子どもの本を専門とする出版社となり「あかちゃんのあそびえほん」シリーズや「ノンタン」シリーズなど、数多くのベストセラーや長く愛される本を刊行しています。

当時のスタッフの情熱や意気込みまで伝わってくる「ウルトラマンをつくったひとたち」は、お家使いにも贈り物にもおすすめの絵本です。「ウルトラマン」を見て育ったパパへの贈り物にもぴったり!普段は、子どもへの読み聞かせが苦手…と思っているパパでも熱くなりますよ‼

  • ウルトラマンをつくったひとたち

「ウルトラマン」の製作スタッフのデンさんが、監督を探して特撮のスタジオ内を歩きながら当時の特撮技術を紹介していく絵本です。現場にいたスタッフによって伝えられる特撮の裏側、ウルトラマン好きには見逃せない1冊です。

  • ウルトラマンをつくったひとたち

    商品名:ウルトラマンをつくったひとたち
    商品コード:IROYA-002627
    発売日(取扱日):2018年02月20日
    サイズ(重量):W240mm、H290mm(-g)

    価格(税込)¥1,728

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集