『おたまじゃくしの101ちゃん』、今度はおたまじゃくしの小学校で頑張ります!

「おたまじゃくしの小学校」へようこそ!

『おたまじゃくしの101ちゃん』から40年。続編の「おたまじゃくしの しょうがっこう」が登場しました。「本来ならおたまじゃくしたちがかえるになっていなければなりませんが、後足が生え4本足になるという育っていく様子を書きたかった」という著者は、あえて小学生になったお話を描いたそうですよ。

【偕成社】おたまじゃくしの しょうがっこう

お母さんかえるが先生を、お父さんかえるが校長先生を務める「いちべえぬま小学校」では、後ろ足が生えそろったおたまじゃくしたちが、言葉や俳句、算数などの勉強に励みます。そんな何となく身近にも感じる風景を、ユーモアを交えて描いた絵本が、この「おたまじゃくしの しょうがっこう」です。101匹から84匹になってしまったおたまじゃくしたちは、先生の指導のもと、言葉や俳句を考えて発表したり、足を曲げ伸ばしして体操したりと、勉強や運動に一生懸命です。そんな中、お弁当の時間に突然ピンチが訪れます…。おたまじゃくしたちは、無事みんなでお弁当を食べることができるのでしょうか?―この絵本に描かれたおたまじゃくしたちは、とっても可愛らしくて楽しそう。まるで我が子のように、この先の成長もずっと見守りたくなります。それと同時に、自然の厳しさや親の子どもたちに対する愛情の深さも感じることができる作品なので、子どもも大人もそれぞれの見方でお話を楽しんだり、著者からのメッセージに心で触れることができますよ。

著者であるかこさとしは、1926年福井県に生まれました。東京大学工学部応用化学科を卒業。工学博士・技術士(化学)・児童文化の研究者でもあり、現在は出版を中心とした幅広い分野で活躍をしています。2008年に絵本作家、児童文学者としてのユニークな活動と、子供の遊びについての資料集成『伝承遊び考』全四巻の完成によって菊池寛賞、 2009年には日本化学会より「絵本を通じて子どもたちに科学の魅力を伝えてきた功績を称え」特別功労賞など、多くの受賞歴を持つ彼が手がけた作品の数は500点以上となります。代表作には、『からすのパンやさん』を代表する「かこさとしおはなしのほん」シリーズ、「だるまちゃん」シリーズ、『とこちゃんはどこ』、「かこさとしからだの本」シリーズなどがあり、どれも世代を超えて愛され続けています。また、2013年には福井県越前市に「かこさとしふるさと絵本館 砳(らく)」が開館し、全国から訪れる人々がかこさとしの世界に笑顔になれる貴重な場所として人気を集めています。

おたまじゃくしたちの楽しい小学校生活を描いた「おたまじゃくしの しょうがっこう」。絵本を読み終えた子どもたちは、きっとその楽しい様子に心惹かれ、初めての俳句作りや体操に挑戦したり、学校ごっこを始めたり…。微笑ましい姿を見せてくれるかもしれませんよ。

  • おたまじゃくしの しょうがっこう

かこさとしのお話の本『おたまじゃくしの101ちゃん』の続編です。後ろ足が生えそろったおたまじゃくしたちが、小学校で言葉や俳句、算数などの勉強に励みます。子どもたちを教えるお母さん先生やお父さん校長先生も、大活躍する楽しい絵本です。

  • おたまじゃくしの しょうがっこう

    商品名:おたまじゃくしの しょうがっこう
    商品コード:IROYA-002601
    発売日(取扱日):2017年11月16日
    サイズ(重量):W260mm、H210mm(-g)

    価格(税込)¥1,188

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
4歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集