「ぞう」が大好きな子どもたち必見!君は、こんなぞうに会ったことあるかな?

子どもも大人も、目にしたことのない新しいぞうに出会える!

「ぞう」といえば…鼻が長い、耳が大きいなど、たくさんのイメージが浮かんできますね。子どもたちに聞けば、もっとたくさんの発想が生まれてきそうです。そんな“ぞう”をモチーフにしたユニークな絵本が、この「ぞうはどこへもいかない」。きっと、読み終えた後には、ぞうに対する新しいイメージがプラスされますよ!

【偕成社】ぞうはどこへもいかない

アフリカのどこかの草原にいるぞうに、あやしいヘリコプターが近づいてきます。そして、盗まれて…セスナに乗り、飛行機に乗り、ぞうは空飛ぶ乗り物を乗り継いでついに遠いところまで連れて行かれました。一体ぞうはどこに着いて、これからどうなってしまうのでしょう?子どもたちに人気のある動物のぞうが登場する「ぞうはどこへもいかない」は、1頁ごとにぞうが次はどうなってしまうのかとハラハラドキドキ。そして、予想外の結末に驚いたり、ホッとしたり、笑いもあふれてきます。また、読み聞かせ会などにもおすすめのこの絵本。『ぞうがどこに着いたのかなぁ?』『どうなっていくのかなぁ?』などと質問を交えて読み進めれば、子どもたちの想像力も広がります。子どもの数だけ出てくる答えに、大人はビックリ!会は盛り上がり、部屋中が絵本の世界に包まれることでしょう。

「ぞうはどこへもいかない」の著者である五味太郎は、1945年に東京で生まれました。工業デザインやエディトリアルデザインなどのデザイナーを経て、絵本の創作活動を始めました。1973年に『みち』(福音館書店)で絵本作家としてのデビューして以来、350冊以上の絵本を手がけています。ユニークな作品を数多く発表している彼の代表作には、『きんぎょがにげた』『まどから おくりもの』『さる・るるる』などがあり、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々を魅了し続けています。そして、多くの絵本が翻訳されており、日本だけでなく世界各国でも愛されています。また、偕成社は「偕(とも)に成る」という意味を表す名前で1936年に創業されました。戦後は子どもの本を専門とする出版社となり「あかちゃんのあそびえほん」シリーズや「ノンタン」シリーズなど、数多くのベストセラーや長く愛される本を刊行しています。

見たことのないぞうに出会える「ぞうはどこへもいかない」は、ぞうの気持ちを聞くこともできる楽しい絵本です。小さな子から大人まで幅広い年齢層の人が一緒になって楽しめる作品なので、お家使いにも贈り物にもおすすめ。きっと、子どもたちのお気に入りの1冊にもなってくれる絵本です。

  • ぞうはどこへもいかない

アフリカのどこかの草原にいるぞうが、あやしいヘリコプターでどこかに連れて行かれてしまいます。この後ぞうは、どこに着きどうなってしまうのでしょう?五味太郎の魅力が光る予想外の結末に、子どもも大人も笑いがあふれる楽しい絵本です

  • ぞうはどこへもいかない

    商品名:ぞうはどこへもいかない
    商品コード:IROYA-002590
    発売日(取扱日):2017年11月07日
    サイズ(重量):W250mm、H230mm(-g)

    価格(税込)¥1,188

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやのクリスマス いろやのクリスマス

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

144「『まだねてるこはだれだ』」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集