ワクワクしたり懐かしんだり…。そんな、電車のある風景に出逢える絵本。

『電車が来た!』それを見る人、乗る人…それぞれの人の物語が感じられる絵本。

竹下文子&鈴木まもるコンビの『乗り物絵本シリーズ』には、子どもたちが興味を惹く楽しい絵本が勢揃い!ご自身のお子さんが乗り物を大好きであったことが、たくさんの乗り物絵本が生まれるきっかけにもなっているそうです。そんなお二人の愛情がたっぷり詰まった絵本の中から、「でんしゃがきた」をご紹介します。

【偕成社】でんしゃがきた

電車の姿が見えると『電車が来たよー!』『早い早い‼』などと、目を輝かせる子どもたち。そんな子どもたちにおすすめの絵本が、この「でんしゃがきた」です。田んぼの向こうや鉄橋の上、一両編成の電車からいくつも行き交う都会の電車、通勤電車や特急列車など、たくさんの電車のある風景に出逢うことができます。短くわかりやすい言葉で書かれた文章は、詩のようにも感じられ、小さな子どもにも伝わりやすくなっています。そして、豊かな色彩で描かれた風景は、何気ない日常や特別な思い出、見てみたいところなど見る人ごとに様々な印象を与えてくれます。頁ごとに描かれた人々の表情やしぐさからは、それぞれの人の物語も感じられ、自分と重ね合わせて心があたたかくもなってくることでしょう。だからこそ、電車が大好きな子どもだけでなく、大人も楽しむことができる素敵な絵本です。

「でんしゃがきた」の著者である竹下文子は、1957年福岡県に生まれました。東京学芸大学を卒業し、「黒ねこサンゴロウ」シリーズで、路傍の石幼少年文学賞を受賞(1995年)しました。代表作には、『ひらけ! なんきんまめ』『ねえだっこして』などがあり、中には翻訳を手がけた作品も多数あります。そして、絵を担当した鈴木まもるは、1952年東京都に生まれました。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さしえ賞、『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を受賞しています。代表作には、『ねこのおすしやさん』『ツバメのたび』などがあり、鳥の巣の研究家としての絵本や画集、エッセイなど幅広い活動を続けています。また、竹下文子と鈴木まもるがコンビを組んだ作品には『みんなで!いえをたてる』『ピン・ポン・バス』『せんろはつづく』など数多くあり、親子で楽しめる絵本として人気を集めています。

どの頁にも電車が登場する「でんしゃがきた」。楽しいだけではなく、何気ない日常や普段あたり前に思っていることが、とても大切で素晴らしいことであることを改めて教えてくれる絵本なので、電車好きはもちろんのこと、子どもから大人まで様々な年齢層のすべての人におすすめです。

  • でんしゃがきた

田んぼの向こうや鉄橋の上、一両編成の電車からいくつも行き交う都会の電車…たくさんの電車のある風景に出会うことができる絵本です。電車が大好きな子どもだけではなく大人も楽しめ、心があたたかくなる作品です。

  • でんしゃがきた

    商品名:でんしゃがきた
    商品コード:IROYA-002589
    発売日(取扱日):2017年11月22日
    サイズ(重量):W210mm、H160mm(-g)

    価格(税込)¥1,080

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集