子どもの大好きなおやつ「プレッツェル」のはじまりを描いた エリック・カールの絵本

子どもも大人も今日のおやつはプレッツェルで決まり!

パリパリ食感で甘くておいしいプレッツェル。おやつにも最高のプレッツェルが、どうしてクルクルとひねった不思議な形になったのか知っていますか?その答えをおしえてくれるのが、この「プレッツェルのはじまり」です。エリック・カールのアレンジが加わったおいしい絵本、ぜひあなたもご賞味あれ!

【偕成社】プレッツェルのはじまり

エリック・カールの「プレッツェルのはじまり」が、初邦訳されて登場しました。ある日、腕のいいパン屋のウォルターが、こぼれてしまった牛乳の代わりに、仕方なく水を入れてパンを作ります。それを食べた王様は怒って、『あさひが三つさしてくるパンをつくってもらおう。パンきじはひとつ、あさひが三つみえて、しかもさいこうにおいしいこと…』という難題を出しました。さて、この先ウォルターはどうするのでしょう。エリック・カールが描く色鮮やかで独特な画風が、人物の表情や風景をいきいきと描き、おいしいパンの香りまで届けながらお話を楽しませてくれます。また、エリック・カールは、身近で大切な存在である、たくさんの昔話をドイツ語で聞かせてくれたおばあちゃん、腕のいいパン職人のおじさんとお店を切り盛りするおばさんへの感謝の気持ちを込めて、この作品を描いたそうです。

著者であるエリック・カールは、1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育ちました。独特な色彩や大胆なコラージュが印象的な作品は60冊以上にのぼり、『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』など、そのデザインや絵本をどこかで目にしたことがあるという人は日本でも少なくありません。絵本だけど視覚・触覚・聴覚も使って楽しむこともできるエリック・カールの作品は、何度も繰り返し読みたくなる絵本ばかり。国境を越え、世界中の子どもたちに愛され続けています。また、翻訳を担当したアーサー・ビナードは、1967年アメリカのミシガン州に生まれました。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日してから日本語での詩作を始めました。詩集『釣り上げては』で中原中也賞、『ここが家だ––––ベン・シャーンの第五福竜丸』で日本絵本賞など、いくつもの受賞歴も持ちます。代表作品には『くうきのかお』『さがしています』、翻訳絵本には『ホットケーキできあがり!』などがあります。

エリック・カールが描く「プレッツェルのはじまり」は、読みながらおいしさまで伝わってくる素敵な絵本。おやつやパンが大好きな子、パン屋さんになりたい子など、たくさんの子どもたちに夢や幸せを届けてくれます。子どもの誕生日や特別な日の贈り物にも、おすすめの1冊ですよ。

  • プレッツェルのはじまり

プレッツェルの発明の物語を、エリックカールがアレンジを加えて絵本にしました。王様が出した難題に、パン屋のウォルターが悪戦苦闘していきます。1972年の作品を初邦訳。読んだ後には、子どもも大人もプレッツェルが食べたくなりますよ。

  • プレッツェルのはじまり

    商品名:プレッツェルのはじまり
    商品コード:IROYA-002556
    発売日(取扱日):2017年10月16日
    サイズ(重量):W300mm、H210mm(-g)

    価格(税込)¥1,512

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集