みつばちの生態がわかるかわいい絵本。

『しりたがりやのこいぬ』シリーズ。偕成社刊。

一生懸命に蜂蜜をつくる蜂たちの大変な仕事ぶりを夢に見たこいぬが、ねずみから蜂の巣を守ろうとする様子には、子どもたちの素直な成長が反映されているようでもある微笑ましい一冊。家族みんなで楽しめるこの絵本は、各種贈り物にもおすすめです。

【偕成社】しりたがりやの こいぬとみつばち

蜂たちの大切な蜜を食べて体中を刺されてしまった好奇心いっぱいのこいぬ。その晩、一生懸命に蜂蜜をつくる蜂たちの大変な仕事ぶりを夢に見たこいぬは、蜂蜜を盗もうとしたねずみたちから蜂の巣を守ろうとして...偕成社の『しりたがりやの こいぬとみつばち』は色鮮やかでキュートなイラストとユニークな挿絵構成で、お子様が夢中になること間違いなしの一冊です。本としての生命がとても長いこと。そんな特長を持つ子どもの本の中から、大人になっても折に触れて読み返したくなる、読むことで力を与えてくれるような一冊を見つけてもらえたら、という願いを込めて優れた本を世に送り出し続けている偕成社。普段は少し怖い印象もあるみつばちがかわいらしく描かれていて、この身近な生き物の生態が楽しく理解できます。読み聞かせにもおすすめの絵本です。

「偕(とも)に成る」という社名に、子どもを始めとする読者の成長とともに成熟していきたいという思いが込められている「偕成社」。『先生のつうしんぼ』や「ノンタン」シリーズを始めとする数々のベストセラーに加え、翻訳絵本の金字塔『はらぺこあおむし』や「障がい者を理解する子どもの本」など、幅広く人としての成長に寄り添う名作を生み出してきた、子どもの本を専門とする出版社です。 文のイバ・ヘルツィーコバー氏は、処女作『五人の少女の脇力』が現代青少年図書コンテストで受賞したのをきっかけに、テレビやラジオドラマのシナリオ作家として活躍。絵のズデネック・ミレル氏はアニメーションのシナリオや美術、監督を務めながら、絵本作家としても活躍。訳の千野栄一氏は、9年間プラハに在住し、カレル大学スラブ学科を卒業。「しりたがりやのこいぬ」シリーズや『ロボット』など多数の訳書でを出版。かわいらしいイラストが魅力的なこの絵本は、各種贈り物としても人気です。

偕成社の『しりたがりやの こいぬとみつばち』は、みつばちの生態や蜂蜜の作り方などが学べる実用性も兼ね備えたかわいらしい絵本。主人公のこいぬの様子に子どもたちの素直な成長が反映されているようでもある微笑ましいこの絵本は、各種贈り物にもおすすめです。

  • しりたがりやの こいぬとみつばち

蜂たちの大切な蜜を食べて体中を刺されてしまった好奇心いっぱいのこいぬ。偕成社の『しりたがりやの こいぬとみつばち』はキュートでアニメのようなイラストで蜂蜜づくりのことも理解できる楽しい絵本。読み聞かせにもぴったり。

  • しりたがりやの こいぬとみつばち

    商品名:しりたがりやの こいぬとみつばち
    商品コード:IROYA-002549
    発売日(取扱日):2017年10月10日
    サイズ(重量):W230mm、H250mm(-g)

    価格(税込)¥1,296

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:31ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

120「…」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集