昼も、夜も、飛び続ける雄大な鳥たちの群れ!偕成社「新世界へ」

大人も感動する絵本、偕成社の「新世界へ」、進み続けるカオジロガンに心が打たれます

日々の忙しさに少し疲れた、そんな時に、読んで欲しい絵本があります。偕成社の「新世界へ」は、渡り鳥の親子が遠く離れた地へと向かうお話。雄大な風景と共に、強い親子の愛情、絆が描かれています。美しい絵本です。

【偕成社】新世界へ

遥か遠くにあると言う約束の地。連なる山々を見下ろしながら、ぐんぐんと突き進む鳥たちの群れ。雨の日も、風の日も、昼も夜も、休むことなく、進んでいきます。壮大な自然界の中で、初めて越冬をするために長い旅へと出かけるカオジロガンの家族。飛べるようになった子供のカオジロガン。子供を支える父、母の愛。1カ月間、3000キロ以上にも及ぶ旅路には、想像もできないような大きな困難も待ち受けています。親子の渡り鳥の様子を迫力ある美しい絵と共に伝える絵本、偕成社の「新世界へ」は、おもちゃが大好きな小さな子供にも伝わる感動があります。カオジロガンの一家の強い絆、意思、 絵本でありながら、大人の心も深く打たれます。命の尊さを感じてください。

作者あべ弘士さんは、1948年に北海道で生まれます。1972年から25年間に渡り、旭川動物園で飼育係として勤務。主な作品に、「エゾオオカミ物語」や「どうぶつえんガイド」、「どうぶつ友情辞典」、「ゴリラはごりら」、「どうぶつさいばん」シリーズなどがあります。1995年には、児童文学作家の木村裕一さんが文章を描いた「あらしのよるに」で、絵を描き、講談社出版文化賞を受賞しています。自然に対する深い知識と動物への深い愛情が伝わる作品が多く、読者の中では、動物を描かせたら右に出る者がいないと言われるほどです。偕成社の「新世界へ」は、2011年に8人の仲間たちとあべ弘士さんと一緒に、ヨットをチャーターし、約4週間、北極圏のスバールバル諸島に滞在したカオジロガンとの出会いを描いています。

渡り鳥の親子の愛情と一緒に、北極の海の冷たさ、厳しさ、美しさもひしひしと伝わる絵本。北極に実際に出向いた作者ならではの深い感動があります。子供だけでなく、大人にも読んでもらいたい1冊。親子の読み聞かせにもふさわしい絵本です。

  • 新世界へ

北極の雄大な自然の中を、ぼくたちは飛び立った。「さぁ、ゆくぞ」「がんばるのよ」父や母に励まされ、高い高い空へと出発します。偕成社「新世界へ」は、おもちゃが大好きな子供だけでなく、大人にも伝わる絵本です。

  • 新世界へ

    商品名:新世界へ
    商品コード:IROYA-002545
    発売日(取扱日):2017年10月04日
    サイズ(重量):W230mm、H300mm(-g)

    価格(税込)¥1,512

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
2歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集