色鮮やかな絵で江戸時代にタイムスリップ。

今でも変わらない遊びの起源なども知ることができて興味深い。偕成社刊。

凧揚げや竹馬、ベーゴマやおひな祭り。今でも変わらない遊びや当時ならではの遊び。またページ見開きで毎月の行事が紹介された色鮮やかなこの絵本は、江戸時代の生活の様子が垣間見ることができる秀作として、各種贈り物にも大変喜ばれています。

【偕成社】江戸の子ども 行事とあそび12か月

凧揚げや竹馬、ベーゴマやおひな祭り。おままごとやあやとりに歌舞伎ごっこなど。今でも変わらない遊びや当時ならではの遊びが、色鮮やかで親しみやすいイラストで紹介されている偕成社の『江戸の子ども 行事とあそび12か月』。見開きでひと月ごとの行事も紹介され、季節や行事と密接に関連づいていた江戸時代の子どもたちの遊びの様子がよくわかります。本としての生命がとても長いこと。そんな特長を持つ子どもの本の中から、大人になっても折に触れて読み返したくなる、読むことで力を与えてくれるような一冊を見つけてもらえたら、という願いを込めて優れた本を世に送り出し続けている偕成社。現代に伝わる遊びの起源なども紹介され、家族みんなで楽しめるこの絵本は、家族のコミュニケーションのきっかけにもピッタリ。

「偕(とも)に成る」という社名に、子どもを始めとする読者の成長とともに成熟していきたいという思いが込められている「偕成社」。『先生のつうしんぼ』や「ノンタン」シリーズを始めとする数々のベストセラーに加え、翻訳絵本の金字塔『はらぺこあおむし』や「障がい者を理解する子どもの本」など、幅広く人としての成長に寄り添う名作を生み出してきた、子どもの本を専門とする出版社です。日本画家であり、江戸民俗学研究家でもある作・絵の菊池ひと美氏。国立劇場から製作依頼を受けた古典やまと絵『伝統芸能絵巻』(全4巻)は長さ10mにも及ぶ大作で、ローマとブダペストの国立美術館で3か月間展示されました。『江戸にぞっこん-風流な暮らし案内』や絵本『お風呂の歴史』ほか江戸文化を紹介する作品を数々出版。当時の様子が生き生きしたイラストで描かれた興味深いこの絵本は、各種贈りものにも大変喜ばれます。

偕成社の『江戸の子ども 行事とあそび12か月』には、今でも変わらない遊びや当時ならではの遊びが色鮮やかで親しみやすいイラストで生き生きと描かれています。江戸時代の生活の様子が垣間見ることができるこの絵本は、各種贈り物にも喜ばれます。

  • 江戸の子ども 行事とあそび12か月

季節や行事と密接に関連づいていた江戸時代の子どもたちの遊びの様子がよくわかる偕成社の『江戸の子ども 行事とあそび12か月』。現代に伝わる遊びの起源なども紹介され、家族みんなで楽しめる興味深い一冊。

  • 江戸の子ども 行事とあそび12か月

    商品名:江戸の子ども 行事とあそび12か月
    商品コード:IROYA-002524
    発売日(取扱日):2017年09月25日
    サイズ(重量):W270mm、H230mm(-g)

    価格(税込)¥1,296

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集