「10このちいさな おもちゃのあひる」が広い海で大冒険!

エリック・カールの世界とリズミカルな翻訳が子どもの心を掴みます!

海の真ん中で船から落ちてしまったおもちゃのあひるが、何年もかけアメリカの岸に流れ着いたという実話に、エリック・カールが空想を働かせ生み出した絵本が「10このちいさな おもちゃのあひる」。色鮮やかなイラストや詩のように書かれたストーリーが、読み手をあっという間にあひるたちの冒険する大海原に誘います。

【偕成社】10このちいさな おもちゃのあひる

プールやお風呂に浮かべたらプカプカ…黄色いおもちゃのあひるは、可愛らしくて見ているだけでも楽しくなりますね。そんなおもちゃのあひるが大海原で大冒険する絵本が、「10このちいさなおもちゃのあひる」です。広い広い海の真ん中に落ちた10このちいさなおもちゃのあひるは、波に揺られてちりぢりばらばらに。10こそれぞれが、いるかにアザラシ、シロクマなど海の動物と出逢う大冒険をしていきます。さあ、10個目のおもちゃのあひるはどんな動物に出逢うのでしょうか?エリック・カールの描くイラストは、色鮮やかで優しいタッチ。また、詩のようなリズミカルな翻訳が子どもの心を惹きつけ、ワクワクドキドキ!まるで一緒に冒険しているような気分にさせてくれます。絵本の最後には、音が鳴る仕掛けもついており、最後の最後まで楽しい時間が続きますよ。

著者であるエリック・カールは、1929年アメリカのニューヨーク州に生まれ、ドイツで育ちました。独特な色彩や大胆なコラージュが印象的な作品は60冊以上にのぼり、『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』など、そのデザインや絵本をどこかで目にしたことがあるという人は日本でも少なくありません。絵本だけど視覚・触覚・聴覚も使って楽しむこともできるエリック・カールの作品は、何度も繰り返し読みたくなる絵本ばかり。国境を越え、世界中の子どもたちに愛され続けています。翻訳を担当した工藤直子は1935年に生まれ、詩集や絵本の翻訳を行っています。2004年にこれまでの仕事に対して巖谷小波文芸賞を、2008年には『のはらうたⅤ』で講談社野間児童文芸賞を受賞しています。エリック・カールの絵本の翻訳にも数多く携わり、そのリズミカルな訳詞には心地よさも感じると、子どもから大人まで幅広い年齢層の人々に支持されています。

絵本の最後に音の鳴る仕掛けのついた楽しい絵本「10このちいさなおもちゃのあひる」は、子どもの誕生日や特別な日の贈り物にもおすすめです。親子で一緒に絵本を楽しんだ後は、『今もおもちゃのあひるは、どこかの海を漂っているのかな?』などと、想像を膨らませて楽しんでみてはいかがですか?

  • 10このちいさな おもちゃのあひる

広い海の真ん中に落ちた「10このちいさなおもちゃのあひる」。波に揺られてちりぢりばらばら…それぞれの大冒険が始まります。色鮮やかなイラストやリズミカルに書かれたストーリー、最後には音の鳴る仕掛けなど、子どもたちの心を掴む楽しい絵本です。

  • 10このちいさな おもちゃのあひる

    商品名:10このちいさな おもちゃのあひる
    商品コード:IROYA-002501
    発売日(取扱日):2017年08月25日
    サイズ(重量):W320mm、H240mm(-g)

    価格(税込)¥1,944

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:31ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやのクリスマス いろやのクリスマス

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

144「『まだねてるこはだれだ』」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集