木の生活の素晴らしさが心に響きます、偕成社の絵本「木は いいなあ」

木が与えてくれる癒し、場所、かけがえのない自然を感じる偕成社の「木は いいなあ」

毎日の仕事や家事、育児で疲れている大人も、ホッと癒される1冊、偕成社の「木は いいなあ」です。たった1本の木があることで、生活がどんなに素晴らしいものかを描いた作品です。自然を感じる水彩画にも注目です。

【偕成社】木は いいなあ

「生活の中にたった1本でも木があると、いいなあ。木には葉っぱがついていて、そよかぜの中で、口笛を吹いている。枝に登ると、遠くの方まで見える。考え事だってできるよ。」と、木のある生活がどんなに素晴らしいものかを子供目線から伝えてくれる作品、偕成社の「木は いいなあ」です。爽やかな水彩画で描かれた木のある風景。子供たちが木と一緒になって遊ぶ様子が描かれています。木にブランコを付けて遊んだり、海賊ごっこをしたり、棒切れで絵を描いたり、木陰で昼寝をしたり。いつもは家の中で、おもちゃで遊んでいる子供にも、木の良さ、自然の素晴らしさに触れてほしい、そんな作者の願いが伝わります。作者の保育体験から生まれた絵本。大人も癒される1冊です。

作者のジャニス・メイ・ユードリイは、1928年にアメリカのイリノイ州に生まれました。大学を卒業後、シカゴ市の保育園で働き、絵本を執筆するようになります。「木はいいなあ」でコルデコット賞を受賞。その他の作品に、「ゆかいなアンギー」、「あのね、わたしのたからものはね」などがあります。絵を描いたマーク・シーモントは、1915年にフランスのパリで、スペイン人の両親の元に生まれました。フランス、スペイン、アメリカで幼少期を過ごし、美術を学びます。1935年に渡米し、1939年、エマ・G・スターン作の児童文学の挿絵でデビューをします。「木はいいなあ」の他、「はなをくんくん」、「のら犬ウィリー」、「105にんのすてきなしごと」などの絵本作品があり、児童書の挿絵として「ぼくはめいたんてい」シリーズがあります。

木があると、生活に変化をもたらしてくれます。おもちゃで遊ぶような小さな子供にとっても、大人にとっても、家にとっても。物語の最後には、木を植えるといいよと終わります。自然への思いが伝わる、偕成社の「木は いいなあ」は、長く読み続けたい作品です。

  • 木は いいなあ

木がある生活がどんなに良いものかを子供の目線で表現した絵本、偕成社の「木は いいなあ」。木がたくさん生えると森になり、森はいつも生き生きしている。と、木のある暮らしの豊さを描いた作品、コルデコット賞受賞作品です。

  • 木は いいなあ

    商品名:木は いいなあ
    商品コード:IROYA-002475
    発売日(取扱日):2017年08月04日
    サイズ(重量):W290mm、H170mm(-g)

    価格(税込)¥1,080

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

078「シャー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集