毎日、自分へプレゼント!「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」

プレゼントの瞬間を毎日味わう!「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」

毎日、プレゼントがあったらいいな、と考えたベンジャミンは、自分の物や家にあった物を包んでいきます。見方を変えれば、生活も違って、楽しく思える、子供らしい楽しい発想に、大人も考えさせられる1冊。偕成社の「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」です。

【偕成社】1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし

今日は、ベンジャミンの9才の誕生日。ベンジャミンは、プレゼントの包みを開ける時が大好きです。友達がベンジャミンのために、プレゼントをもってやってきました。しばらくすると、楽しい時間が過ぎ、やがて友達は帰っていきます。悲しい気持ちになるベンジャミン。次の日も、また次の日も、プレゼントがあったらいいのにと考えます。そうだ!もらったプレゼントをまた包み直して、もう1度、プレゼントをもらう気分を味わおう!ベンジャミンは考えます。子供の頃に、誰もが憧れた、毎日もらうおもちゃのプレゼント。子供らしい楽しいアイデアと楽しい世界が広がる絵本、偕成社の「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」です。

作者のジュディ・パレットと絵を描いたロン・パレット夫妻の代表的な作品に、アパートで野菜を育てる愉快なお話「マクドナルドさんのやさいアパート」や、ユーモアセンスが光るお話「どうぶつに服をきせてはいけません」などがあります。シンプルながら、ユーモアがにじみ出てくるような、じわじわと心に響くお話があり、子供だけでなく、大人からの支持も多くあります。日本語訳を行ったまつおかきょうこさんは、1935年に神戸に生まれました。神戸女学院大学英文科を卒業し、1960年に慶応義塾大学図書館学科を卒業後、渡米しています。ウェスタンミシガン大学大学院で児童図書館学を学び、ボルチモア市公共図書館に務めました。その後、帰国し、東京子ども図書館の仕事や児童図書の研究、創作、翻訳と幅広く活動します。

9才の誕生日を迎えたベンジャミンは、今日が終わるのが悲しくなり、ずっとプレゼントが欲しいと考えます。子供らしい、楽しいアイデアとユーモアが詰まった絵本、「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」です。おもちゃが好きな子供にもぴったりです。

  • 1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし

誕生日のプレゼントがもらえる、その時が大好きな男の子ベンジャミン。でも、明日になったら、プレゼントはありません。悲しくなったベンジャミンは、あるアイデアを思いつきます。偕成社の「1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし」です。

  • 1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし

    商品名:1ねんに 365のたんじょう日プレゼントをもらったベンジャミンのおはなし
    商品コード:IROYA-002474
    発売日(取扱日):2017年08月03日
    サイズ(重量):W280mm、H200mm(-g)

    価格(税込)¥1,512

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:37ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

122「公園で」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集