わたし一人で屋根裏部屋のおばけを退治にしに行く!

ハラハラドキドキいっぱいの楽しい物語。

絵本の読み聞かせは、言語習得に役立つだけでなく、情緒面にも大きな影響を与えると言われています。話を聞きながら想像をふくらませ、一緒に喜んだり悲しんだりしながら豊かな感情を育む。子供にとって絵本はおもちゃ同様、心の成長に欠かせない大きな役割を担っています。

【偕成社】やねうらおばけ

偕成社の「やねうらおばけ」は、屋根裏に住むおばけを退治しようと立ち上がる勇敢な女の子ジェシーのハラハラドキドキの物語。作は「かえるくんのほん」シリーズなどを手掛けるアメリカ人のイラストレーター、絵本作家のマーサ・メイヤーさん。ジェシーは引っ越してきたばかりの家の屋根裏部屋から聞こえてくる物音が気になって眠れません。おばけがいるに違いない。そう思ったジェシーはママとパパに話してみてますが、真剣に耳を傾けてくれず、とうとう一人でおばけ退治に行くことに。本当に屋根裏部屋におばけがいるのだろうかとワクワクしながらページをめくる楽しさ、そしておばけに出会ったときのドキドキ感が魅力の一冊。登場するおばけは、ちょっと気弱なおばけらしくないおばけですので、小さな子供でも安心です。勝気なジェシーの勇敢な姿が印象的に描かれます。

1936年に創立した偕成社は、出版点数約8400点を誇る、日本の大手図書出版社。社名の偕成社は「偕(とも)に成る」という意から名付けられ、子供を始めとする読者とともに成熟していきたいという出版人としての思いが込められています。戦後に児童書専門の出版社となり、世界の名作を子供が読みやすいように翻訳した「世界名作文庫」、また「赤毛のアン」や「若草物語」など「世界少女名作全集」などを発刊。1970年に、偕成社オリジナル絵本「創作えほん」シリーズの第一作となる「はけたよはけたよ」を刊行。その後「からすのパンやさん」「はらぺこあおむし」「ノンタン」シリーズなど、赤ちゃんから子供、そして大人まで、多くの人たちに長く愛される数々の名作を世に送り続けています。

大人に信じてもらえなく、それなら自分でおばけを退治しに行く、と屋根裏部屋に向かうジェシー。ブーツをはいて、テンガロンハットをかぶって、投げ縄を持って。ウエスタンな格好でおばけに挑むジェシーの格好よさといったら。ちょっと怖くて、爽快な楽しい絵本です。

  • やねうらおばけ

「変な音がするのはおばけのせい」「話しても大人は信じてくれない」といった子供の心理を描いた一冊です。本当におばけがいるのだろうかと、ドキドキしながらおばけ退治に向かうジェシーの気持ちに共感しながら、楽しく読み進めていける絵本です。

  • やねうらおばけ

    商品名:やねうらおばけ
    商品コード:IROYA-002483
    発売日(取扱日):2017年07月31日
    サイズ(重量):W280mm、H220mm(-g)

    価格(税込)¥1,512

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

099「ありがとう」

 最新話

100「合うわー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集