ぼくが過ごした忘れられない南の島の思い出、偕成社「南の島で」

ももさんとの出会い、そして今も思い出すせつない思い…偕成社の絵本「南の島で」

南の島での思い出を素敵なイラストで味わう物語、偕成社の「南の島で」です。満点の星空、深く広い海、どこまでも続く砂浜。日常では味わえない南の島の景色が広がります。絵を描いた原マスミさんの魅力満載です。

【偕成社】南の島で

主人公のワタルくんは、とうさんに空港まで送ってもらい、とうさんの妹、南の島に住むももさんの元へと遊びに行きます。浜辺に流れついたガラスでアクセサリーを作るももさん、突然の雨で踊り出すももさん、雨の日にもギターを弾いて歌を歌ってくれたももさん、地面で寝そべって聞こえてくる海の音を教えてくれたももさんなど、どれも主人公の胸に深く残る思い出ばかり。そんなワタルくんの回想から始まる物語です。とても大切で、思い出すだけで心がグッと切なくなるような記憶。子供頃の大切な1ページが鮮明に語られています。偕成社の絵本「南の島で」は、懐かしくどこか寂しい思い出のお話。おもちゃで遊ぶ小さな子供と一緒に読んでもらいたい心に響く絵本です。

作者の石津ちひろさんは、1953年、愛媛県に生まれました。早稲田大学文学部仏文科卒業。3年間のフランス滞在を経て、絵本作家、翻訳家になります。「なぞなぞのたび」でボローニャ児童図書展絵本賞を受賞、「あしたうちにねこがくるの」で日本絵本賞、詩集「あしたのあたしはあたらしいあたし」で三越左千夫少年詩賞を受賞しています。その他、「なぞなぞのへや」、「しりとりあいうえお」、「くだものだもの」、「サーカスのしろいうま」などがあります。絵を描いた原マスミさんは、1955年に千葉県に生まれました。1976年からライブ活動を始め、1982年には、「ズッとじっと」でレコードデビュー。ミュージシャンであり、画家であり、イラストレーターでもあります。CD作品には、「イマジネイション通信」、「夢の4倍」、「夜の幸」などがあり、画家としての作品に、絵本「幸福の王子」、「トロイの月」、「こわくない夢」などがあります。

偕成社の絵本「南の島で」は、主人公ワタルくんが夏休みをおばさんの元で過ごす、どこか切なくて懐かしい、大切な思い出のお話です。おもちゃで遊ぶような小さな子供への読み聞かせにも、おすすめ。親子で南の島を感じてほしい1冊です。

  • 南の島で

ぼくは、南の島に住んでいるとうさんの妹、ももさんと一緒に夏休みを過ごすことにしました。1人で乗る飛行機、知らない南の島で過ごす深い思い出…。大切だけれど、どこか寂しく懐かしい、少年の大切な思いを語ります。偕成社の絵本「南の島で」です。

  • 南の島で

    商品名:南の島で
    商品コード:IROYA-002460
    発売日(取扱日):2017年07月26日
    サイズ(重量):W260mm、H220mm(-g)

    価格(税込)¥1,296

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
4歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

いろやのクリスマス いろやのクリスマス

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

140「どういうこと?」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集