ドタバタしずか、さぁ大変!偕成社の「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」

災難続きのしずか!どうなるの? 偕成社の「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」

おもちゃで遊ぶ子供から小学生まで楽しく読める絵本、偕成社の「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」です。お母さんやぎがドタバタの物語を繰り広げます。親子の読み聞かせ時間にもぴったりな1冊。笑える楽しい展開が待っています。

【偕成社】やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち

やぎのしずかは、ふたごの赤ちゃんやぎのミルクのためにたくさんの草を食べます。ある日、夢中になってむしゃむしゃ食べていたら、バッタの足をかんでしまいました。バッタに怒られ、慌てて走り出すしずか。ところが、ガマガエルを踏みつけ、ナマズも出てきて、さぁ大変です。みんなを怒らせてしまったしずか。どうなるのでしょうか。偕成社の「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」です。しずかとは、作者、田島征三さんが飼っていたやぎの名前で、シリーズ作品になっています。最後はほのぼのとした結末で終わるお話。おもちゃが大好きな小さな子供に読み聞かせたい1冊、家族みんなで笑える楽しい絵本です。田島征三さんの魅力が詰まっています。

作者の田島征三さんは、1940年、大阪に生まれ、高知県で幼少期を過ごします。多摩美術大学図案科卒業。1969年より東京都西多摩郡日の出村に住み、動物を飼いながら、創作活動を行います。その後、伊豆へ移住。2009年には、新潟県十日町の旧小学校校舎を集落の人々とともに、再生。小学校をまるごと絵本にした「絵本と木の実の美術館」を開館します。代表作に、「しばてん」や「ちからたろう」「ふきまんぶく」、「くさむら」、「とべバッタ」、「オオカミのおうさま」などがあります。ブラティスラヴァ世界絵本原画展、講談社出版文化賞絵本賞、小学館絵画賞、絵本にっぽん賞、日本絵本賞などを受賞しています。少年時代を書き綴った「絵本の中のぼくの村」を出版、東陽一さんにより映画化され、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞しています。

偕成社の「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」です。お母さんやぎ、しずかがバッタの足をかんでしまったことで、とんでもない展開へとなっていきます。プレゼントにもぴったり。36年以上も前から続く、やぎのしずかシリーズです。

  • やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち

やぎのしずかは、生まれた赤ちゃんやぎのために、たくさんの草を食べています。夢中になってむしゃむしゃ。そんな時、バッタの足をかんでしまって、さぁ、大変!しずかの災難が始まります!偕成社、「やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち」です。

  • やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち

    商品名:やぎのしずかのたいへんなたいへんないちにち
    商品コード:IROYA-002459
    発売日(取扱日):2017年07月26日
    サイズ(重量):W250mm、H230mm(-g)

    価格(税込)¥1,404

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

101「ついた」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集