ツーティのうんち、ないよ! 偕成社の絵本「ツーティの うんちはどこいった?」

もぐもぐ食べて出したうんち、どこに行った?「ツーティの うんちはどこいった?」

写真のように細やかなイラストで綴る絵本、偕成社の絵本「ツーティの うんちはどこいった?」です。アナグマの子供、ツーティがジャングルの中を楽しく生活しています。そこでふと、考えた疑問。子供と一緒に考えてみましょう。

【偕成社】ツーティの うんちはどこいった?

コスタリカの熱帯雨林に住んでいるアナグマの子供ツーティは、もぐもぐ食べて、うんちをします。すると、「あれ?」と気が付きました。昨日、ツーティが出したはずのうんちが無くなっているのです。なぜ、ジャングルの中は、うんちでいっぱいにならないのかな?素朴で不思議な疑問が湧いてきます。ジャングルの中には、無駄なものは一切ありません。ツーティのうんちは、虫たちが食べているのです。動物たちの生態系を親子で一緒に学べる絵本、偕成社の絵本「ツーティの うんちはどこいった?」です。おもちゃが好きな小さな子供は、うんちのことを興味深く見ています。そんな自然の食物連鎖のお話が楽しい絵本になりました。素晴らしいイラストとともに、親子のコミュニケーションを広げてみましょう。

作者である越智典子さんは、1959年、東京に生まれました。出版社勤務を経て、執筆活動をスタートさせます。その後、童話や創作絵本、科学絵本、翻訳などさまざまな分野で活躍をします。主な作品に、「ほら、きのこが…」、「ここにも、こけが…」、「おひさまがしずむ」、「おちのりこのすてきな地球」などがあります。イラストの松岡達英さんは、1944年、新潟県に生まれました。日本各地をはじめとし、中南米やアフリカ、東南アジアなどでの経験を生かしつつ、自然科学絵本を描いています。「すばらしい世界の自然」シリーズで厚生省児童福祉文化賞、「アマゾンのネプチューンカブト」で絵本にっぽん賞を受賞。その他、日本科学読物賞など、多くの受賞歴があります。新潟県長岡市に原画や工作作品をアトリエにて展示しています。

コスタリカの熱帯雨林に住む、アナグマの子供ツーティの出したはずのうんちがありません。あれ、どこに行ったのでしょう?ジャングルの中に住む動物たちや昆虫たちなど、繊細なタッチで描く絵本、偕成社「ツーティの うんちはどこいった?」です。プレゼントにもおすすめです。

  • ツーティの うんちはどこいった?

コスタリカの熱帯雨林に住む、アナグマの子供ツーティは、ぽとんぽとんと、うんちをします。あれ、昨日出したはずのうんち、ないよ。どこにいったの?偕成社の絵本「ツーティの うんちはどこいった?」です。ジャングルの生態系を楽しく学びます。

  • ツーティの うんちはどこいった?

    商品名:ツーティの うんちはどこいった?
    商品コード:IROYA-002429
    発売日(取扱日):2017年07月18日
    サイズ(重量):W240mm、H290mm(-g)

    価格(税込)¥1,512

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
3歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:31ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

099「ありがとう」

 最新話

100「合うわー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集