もぐらくんのおはようからおやすみまでの楽しい一日を描きます。

チェコ生まれのもぐらくんの魅力にあふれたボードブック絵本。

絵本の読み聞かせは、言語習得に役立つだけでなく、情緒面にも大きな影響を与えると言われています。話を聞きながら想像をふくらませ、一緒に喜んだり悲しんだりしながら豊かな感情を育む。子供にとって絵本はおもちゃ同様、心の成長に欠かせない大きな役割を担っています。

【偕成社】もぐらくん、おはよう

偕成社の「もぐらくん、おはよう」は、チェコのアニメーションのキャラクターもぐらくんの一日を描いた絵本。作はチェコの作家ヨゼフ・ブルクネルさん。絵は同じくチェコのズデネック・ミレルさん。アニメーションのシナリオや美術、監督を手掛けながら絵本作家としても活躍。本作「もぐらくん、おはよう」で活躍する「もぐらくん」のキャラクターを生み出し、「もぐらくんの絵本」シリーズや「ゆかいなきかんしゃ」などの絵本を多数手がけています。もぐらくんが朝おきてから夜寝るまでの一日の生活を、鮮やかな色合いと、詩のような文章で綴っていきます。「のどが かわいた いちごには たくさん おみずを やらなくちゃ」と言いながら、もぐらくんは黄色のジョウロで真っ赤ないちごにお水をあげます。畑仕事が終わったら、お昼ご飯。ちょっとお昼寝したら、かけっこして川で泳いで、そしておやすみなさい。平和なゆったりとした一日を楽しく過ごすもぐらくんの姿に心温まる絵本です。

1936年に創立した偕成社は、出版点数約8400点を誇る、日本の大手図書出版社。社名の偕成社は「偕(とも)に成る」という意から名付けられ、子供を始めとする読者とともに成熟していきたいという出版人としての思いが込められています。戦後に児童書専門の出版社となり、世界の名作を子供が読みやすいように翻訳した「世界名作文庫」、また「赤毛のアン」や「若草物語」など「世界少女名作全集」などを発刊。1970年に、偕成社オリジナル絵本「創作えほん」シリーズの第一作となる「はけたよはけたよ」を刊行。その後「からすのパンやさん」「はらぺこあおむし」「ノンタン」シリーズなど、赤ちゃんから子供、そして大人まで、多くの人たちに長く愛される数々の名作を世に送り続けています。

チェコのアニメ作品の主人公クルテクとして知られるもぐらくん。何か大きな事件が起きるわけでもありませんが、もぐらくんは毎日の平和で穏やかな生活を満喫しています。のんびりと自然に囲まれて楽しく生きるもぐらくんを見ていると元気が沸いてきます。

  • もぐらくん、おはよう

チェコのアニメーションキャラクターもぐらくんの一日を描いた絵本。リズムのある読みやすい文と、色鮮やかなかわいい絵で、庭仕事をしたり、川で泳いだりする楽しそうなもぐらくんを表情豊かに描きます。

  • もぐらくん、おはよう

    商品名:もぐらくん、おはよう
    商品コード:IROYA-002299
    発売日(取扱日):2017年06月09日
    サイズ(重量):W140mm、H150mm(-g)

    価格(税込)¥648

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
2歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:22ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

038「こんばんは」

お知らせ

お知らせ一覧

季節の特集