どんな人が降りてくるかな?偕成社の絵本「バスがきた」

おもちゃのように、1ページで想像が広がる絵本、偕成社の「バスがきた」

乗り物が好きな子供も、そうでない子供にも、勧めたい想像力が広がる絵本、偕成社の「バスがきた」です。リズムよい言葉でお話が進み、楽しくページをめくれます。親子の読み聞かせに、ぜひ、どうぞ。

【偕成社】バスがきた

「バスがきた」で始まり、人々がバスから降りてきます。絵をかきにきた人、おはかまいりにきた人、わくわくしながら急ぐ人、病気の人やセールスマン、楽しいバス停の風景を描いた偕成社の子供絵本「バスがきた」です。色んな人と気持ちを乗せ、バスは走り、バス停に停まります。いつも負けてばかりのチームが、今日はがんばるぞと降りたり、買った人、買わされた人が降りたりと、たくさんの人を乗せています。親子で一緒に読んで、想像がどんどん膨らみます。「この人は、どんな人かな?」「何を買ったのかな?」と仲良くコミュニケーションを取ってみましょう。五味太郎さんのカラフルで、楽しいイラストには、小さなページの隅にも、ドラマが潜んでいます。まるでおもちゃで遊ぶように、たくさん想像遊びをしてみましょう。

作者の五味太郎さんは、1945年に東京都に生まれ、桑沢デザイン研究所を卒業後、工業デザインの世界から絵本作家活動をスタートしています。450冊を超える著書があり、世界中で翻訳され、大人から子供まで幅広いファン層を持ち、人気なっています。代表作に、「かくしたのだあれ」「たべたのだあれ」「きんぎょがにげた」「みんなうんち」「さる・るるる」「ときどきの少年」などがあり、サンケイ児童出版文化賞受賞、ボローニャ国際絵本原画展賞、路傍の石文学賞など数多くの賞を受賞しています。カラフルで親しみやすく、クスッと笑えるような楽しい作品が多く、絵本作家だけでなく、エッセイや作詞、ラジオや講演会、企業キャラクターデザインなど、さまざまな分野でも活躍しています。

偕成社の「バスがきた」は、乗り物好きの子供から乗り物に興味の薄い子供も、楽しく想像力が広がる絵本です。親子で一緒に読み聞かせをしながら、どんどんコミュニケーションを取って遊びましょう。プレゼントにもおすすめです。

  • バスがきた

バスから、色々な人が降りてきます。絵をかきにきた人やおはかまいりの人、セールスマンなど、五味太郎さんのリズミカルな言葉が続く、偕成社の絵本「バスがきた」です。おもちゃのようなカラフルなイラストも必見です。

  • バスがきた

    商品名:バスがきた
    商品コード:IROYA-002270
    発売日(取扱日):2017年06月01日
    サイズ(重量):W250mm、H210mm(-g)

    価格(税込)¥1,080

    数量

材質
-
生産国
日本
生産地
日本
ブランド
偕成社
対象年齢
2歳〜
人気ランキング
現在集計中です。
ご確認ください
ページ数:32ページ
お支払い方法
  • 送料

    全国一律702円(税込)
    一部大型商品と離島を除く¥10,000以上送料無料

  • 代引手数料

    324円(税込)
    ¥10,000以上代引き手数料無料

  • お支払い

    ・クレジットカード決済
    ・代金引換

  • ギフトラッピング

    ラッピング

    無料ラッピングあり
    種類を確認する

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

お客様の感想・ご意見

現在、集計中です。(あなたのご意見やご感想を教えてください

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

069「この日記はね」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集