2・3歳の子供と新幹線で長時間移動。飽きさせない為に必要な持ち物は?

子供と一緒の新幹線は、おとなしくしてくれるかな、泣いたらどうしよう、飽きたらどうしようなど不安になるものです。そんなときに、子供を落ち着かせるアイテムを持っていると子供も親もゆったりとした気持ちで過ごすことができます。また、新幹線に一緒に乗ることを楽しむ気持ちも生まれてくるでしょう。そこで、オススメしたいお役立ちアイテムを紹介します。

レジャーシートとタオルで快適空間を作ろう

二人用の座席を確保できたときは、一人用レジャーシートを持参すると便利です。座席から飛び出さないように子供を窓側、親が通路側に座るようにます。足元にレジャーシートを敷いてあげると靴を脱いで座ることができ、窮屈さが軽減されリラックス効果が生まれます。また、ごはんやおやつを食べたときにこぼれてもレジャーシートが受け止めてくれるので、車内を汚す心配がありません。座席にはタオルを敷いておけば、こぼしても安心です。眠くなったときに布団代わりにもなります。子供にとっても、自分の陣地ができたようで飽きさせず楽しい気持ちになります。新幹線から望む景色をのんびり眺めながら、おままごと感覚で空想の世界を繰り広げるかもしれません。

おやつと飲み物でお腹を満たしてご機嫌にしてあげよう

子供の大好きな物といえば、おやつ。おやつにも色々な種類がありますが、選び方も大切です。新幹線では長時間の移動になるので、すぐに食べ終わってしまう物よりも、時間をかけて食べられる物の方が助かります。例えば、食パンの耳をカリッと焼いて持参します。よく噛まないと食べにくいため自然と時間をかけて食べるようになります。他には干しイモや飴。飴は詰まってしまうのが心配であれば、棒が付いた物だと安心です。周りの人に迷惑がかからないように、音の出ないものを選ぶことも大切です。甘栗やこんぶ、意外と子供が好きな干し梅などもあります。移動時間におやつをあげるとどうしてもたくさんあげるようになるので、なるべくこのような体に優しい物をメインであげ、たまにチョコレートなどをあげると良いでしょう。飲み物は重く荷物にもなるため、ペットボトルを持参すればなくなったら処分ができるため便利です。

子供が飽きずに楽しめるおもちゃを持参しよう

新幹線の中でも子供は好奇心旺盛なのでじっとしていられません。飽きさせないためにもおもちゃは必需品です。オススメは、お絵かきボードです。自分の好きな絵を描いて遊んだり、親子で絵を描きあって何の絵を描いてるか当てるゲームをしたりと、遊びの幅が広がります。描いてもすぐに消してやり直せるのも便利です。シールが好きな子にはシールブックも集中して遊べて楽しめます。沢山のシールがついていて、イメージを膨らませながら思い思いのところに貼っていくので新幹線の中で一つの作品を作り上げることができます。デジカメにたくさんのデータをいれておいて、親子でみながら過ごすことで楽しい時間が生まれます。また、デジカメのシャッターをオフにして、窓から見える景色を一緒に撮るのも喜ぶでしょう。

まとめ

新幹線に乗る前に必要な物を準備をしておくと、当日慌てることなく、飽きさせずにおだやかな乗車時間を過ごすことができます。また、新幹線で過ごす時間は普段味わえない貴重なひとときでもあるので、親子で楽しく過ごせる工夫をしていくとより快適になります。

Date 0000-00-00

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 2・3歳の子供と新幹線で長時間移動。飽きさせない為に必要な持ち物は?

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

168「少し、お休みにはいらせて頂きます。」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集