都内の方必見、都内のじゃぶじゃぶ池のおすすめからスポットまでまるごと紹介

今年の夏はどうするか、検討中の方は多いのではないでしょうか。地方なら自然に触れ合う機会が多いと思いますが都内では外で遊ぶ場所が、けっこう限られてしまうと思います。都内で小さなお子様がいる方は尚更悩みますよね。そこで今回、都内にある手軽に行けて外で充実した夏を過ごすために「じゃぶじゃぶ池」のおすすめからスポットまでまるごと紹介して行きたいと思います。

自然が多い都内のじゃぶじゃぶ池

初めに都内で自然が多く、近くに感じることのできるじゃぶじゃぶ池を紹介します。私も親なら、なるべく自然と触れ合う機会を多く作ってあげたいと思います。調べてみると自然が近くに感じられる施設がありました。

『林試の森公園』

・東京都品川区小山台2-6-11
・期間7月8日~8月31日
・時間10:00~15:00
・利用料無料
※休みの日、清掃日(木曜日)雨天・低温日

こちらの林試の森公園はじゃぶじゃぶ池の回りを植物や木が囲んだ、自然と一体化した池になっています。日の光が木の葉から溢れる癒しを体感しながら水あそびができるおすすめな施設です。プールや海になるとなかなか自然・植物との関わりが少くなってしまうと思うんです。それに比べて林試の森公園では植物達も活発化するこの夏に自然と触れ合いながら遊べる格好の施設なのです。

水遊びとスポーツを楽しめる都内のじゃぶじゃぶ池

では次に水遊びだけでなく、スポーツができる都内のじゃぶじゃぶ池を紹介します。最近では男の子だけではなく、女の子にもスポーツを習わせる両親は多くなってきましたね。やはり体を動かしてる子供は病気や怪我に対して強いですからね。そんなスポーツも楽しみたい方はここがおすすめです。

『都立府中の森公園』

・東京都府中市浅間町1-3-1
・期間7月15日~8月いっぱい
・時間9:30~16:00
・料金無料
※休みの日、7月24日・8月2日・8月14日・8月23日

開催期間と休みの日は電話で確認したので間違いありません。この都立府中の森公園はじゃぶじゃぶ池の他に、サッカーやソフトボールなどスポーツをする事ができます。しかし注意が必要です。スポーツでグラウンドやコートを使用する場合は料金が発生しますので予めご了承ください。スポーツを習うクラブチームの皆で行ったり、誰か友達を誘って大人数で行かれる方へおすすめなスポットです。

自然の生き物と接する都内のじゃぶじゃぶ池

ここで自然の生き物と接する事ができる都内のじゃぶしゃぶ池を紹介します。自然の生き物と接する経験は非常に貴重な事ですよね。都内であればあるほど、この経験はその子の宝物になる事、間違いなしです。

『浮間公園』

・東京都板橋区舟渡2-15-1
・期間7月15日~8月31日
・時間10:00~16:00
・料金無料
・休みの日、無し

こちらは連絡で確認したところ注意点が1つありました。それは以下の通りです。

※おむつの取れていない、お子様はじゃぶじゃぶ池では遊べない。

ということです。確かに銭湯とかでも公共の場なのでマナーとして守りましょう。浮間公園の最大の魅力はじゃぶじゃぶ池の他に大きな池があります。※泳げません。そこへ夏になるとカルガモの親子がよくやってきます。冬でもそういった多くの種類の水鳥が遊びにくるそうです。じゃぶじゃぶ池で遊びながら、ひょっとしたら触る事もできるかもしれませんね。

ダイレクトに動物も楽しめる都内のじゃぶじゃぶ池

最後に動物園とコラボした都内のじゃぶしゃぶ池をご紹介します。2歳や3歳のお子様はやたらと動物が好きですよね。そんなお子様の好き尽くしを可能にした場所があります。

『行船公園・江戸川区自然動物園』

・東京都江戸川区北葛西3-2-1
・期間フリー
・時間フリー
・料金無料
・休みの日無し

この行船公園は隣に動物園があります。水遊びは公園にあって常に解放していて休みもありません。隣の動物園に関して電話で確認しました。動物園の詳細は以下の通りです。

・時間9:30~16:30
・休みの日、平日月曜日
※月曜日が祝日の場合、次の日の火曜日が休み
・料金、無料

水遊びから動物園まで無料で楽しめる、なんとも贅沢な施設です。都内のじゃぶじゃぶ池を見てみても2つを無料で楽しめる場所は行船公園ぐらいでした。水遊びの場所も元は観賞用の噴水広場だったそうです。そこへ子連れの方が水遊びさせるようになり自然とじゃぶじゃぶ池の仲間入りしたしたんですね。以上のことから水遊びの時間制限がないので、動物園を楽しむ時間の調整がしやすく効率よく充実した夏を満喫できるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。夏の楽しむ場所が少しでも絞れたら嬉しいです。お金をかけず夏に合った都内のじゃぶじゃぶ池をより多く巡ってみるのも楽しいと思います。どうか皆様の思い出に、一番残る夏を私は願っています。

Date 2017-08-10

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 都内の方必見、都内のじゃぶじゃぶ池のおすすめからスポットまでまるごと紹介

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

078「シャー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集