家庭環境でのコミュニケーションが子供のコミュニケーション力をアップさせる?!

子供ができることで、今まで考えることがなかったさまざまな思いを体験します。親になることで、子供の将来を考えこんな子供に育ってほしいやあんな子供に育ってくれたらと何かと子供の将来を考えてしまうのは親なら当然のことなのかもしれません。子供を育てていく中で、コミュニケーション力をしっかりと身につけてほしいと思う方が非常に多いのではないでしょうか。実際にコミュニケーション力を身につけるために、家庭環境でできることはどのようなことなのでしょうか。

基本的な会話で子供のコミュニケーション力アップ

家庭環境でまず初めに子供のコミュニケーション力をアップする方法としてあげられるのが、基本的な会話です。小さいからといって何かを問いかけても子供だから分からないと思って諦めていませんか?子供は小さい頃からしっかりと耳で聞き、自分なりに理解しようとしています。何を言っているのかを自分自身で理解しようとしたり、親のマネをしてみたりして自然と言動が身についてきます。

例えば、英語を話しているご家庭では子供が自然と英語を話しますよね。そして、日本語を話しているご家庭では日本語を話しますよね。親が何を伝えようとしているのかや、どのような意味のどのような言葉を多く発しているのかで子供自身の基本的言語が身につくといっても過言ではありません。小さいからといって伝わらないと思わずに、小さい時でも子供に分かりやすく理解しやすい会話を心掛けると自然と子供も言動がしっかりと身についてそれがやがてコミュニケーション力となっていきます。

ジェスチャーで子供のコミュニケーション力アップ

一言でコミュニケーション力といっても、話をするだけがコミュニケーション力ではありません。人と話をしていく中で口から発することばももちろん大切ですが、身振り手振りのいわゆるジェスチャーもとても大切です。

例えば、大人になり見知らぬ土地に行った場合、身振り手振りで行きたい場所を聞いたり必死になってその場所を伝えようとしますよね。こういったさまざまな場合においても、ジェスチャーをできるかできないかによってもコミュニケーション力が高いかどうかというようになってきます。小さい頃から家庭環境内で、ジェスチャーで表現すると相手により伝わりやすいということを親が示すことで子供も自然と人に伝える楽しさがそこに生まれてきます。

さまざまな人と接して子供のコミュニケーション力アップ

子供のコミュニケーション力をアップさせる方法としては、小さい頃からさまざまな人と接することも非常に大切です。子供の個性として人見知りの時期や子供も多くいらっしゃると思いますが、さまざまな人と実際に多く接することで確実に子供自身のコミュニケーション力は育まれていきます。誰とも接しずにこもってばかりいては、せっかくの子供のコミュニケーション力にフタをしてしまっているのと一緒です。フタしっかりと開けてあげることができるのは小さい頃は親意外に他はいません。いろいろな人とのふれあいこそがコミュニケーション力アップに繋がっていきます。

まとめ

子育てをしていく中で、最も大切なことといえるのがコミュニケーションです。コミュニケーションを子供としっかりと取ることで、親子の絆を深めることができ、またさまざまな社会に対応できる力を養うことができます。社会に対応できるような力を身につけ、養うためにも小さい頃から子供に家庭環境だからこそできるコミュニケーションと愛情をたっぷり注いでコミュニケーション力アップを目指してみてくださいね。

Date 2017-08-07

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 家庭環境でのコミュニケーションが子供のコミュニケーション力をアップさせる?!

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

078「シャー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集