スポーツも学校も!小学生の子供がやる気になれる3つのポイント

小学生の子供をやる気にさせるにはどうしたらいいの?と子育て中のママは気になるところですよね。勉強・スポーツ・習い事など、多忙なイマドキの小学生の子供はどうしてもダラダラしがちです。良い成績をとってほしい!スポーツで活躍してほしい!習い事もお金がかかるんだからちゃんと身につけてほしい!などなど、ママの切実な思いとは裏腹に、子供の睡眠・遊びは止まらないものです。それでも将来のために上手くやる気を引き出してあげたい!というママのために、やる気を出させるポイントを3つまとめました。

小学生の子供を褒める

一つ目のポイントは、小学生の子供を褒めてあげることです。やはりお母さんに褒められることは、子供にとって最もやる気が出る魔法です。もし家でダラダラしていても、口答えしても、決して叱ってはいけません。過去のことでも、何か褒めるポイントを見つけて褒めてあげることで自然とやる気を引き出すことができます。

例えば、学習塾に通っているなら、過去の良い成績のテストなどを持ってきて「この時良い点数が取れて偉かったね!」と声をかけてあげると良いでしょう。また、そのテストをママ自身が嬉しそうに飾るなどすると、小学生の子供はまた頑張って良い成績を取ろう!と努力してくれるでしょう。スポーツなども同様に、トロフィーや賞状などを飾ってあげると良いでしょう。野球なら「あの時の〇〇、イチロー見たいだったよ!」と子供が好きなスポーツ選手と絡めて褒めてあげるといいかもしれません。

ある程度距離を置いて放っておく

小学生の子供は、「勉強しなさい」「サッカーの練習しなさい」などと責められるとやる気を失います。どうしてもやる気が出ずにダラダラしたりゲームをしたりしている時も、しばらくは遠くから見守ってあげることが重要です。最近の小学生の子供は、勉強に習い事にスポーツにと多忙です。学校での指導要領も増えており、学校だけでもやることが山積みなのです。それに加えてもしかしたら、学校でいじめなどの人間関係の悩みもあるかもしれません。

昔は野山を駆け巡って遊ぶのが仕事だった小学生も、今はそんな時代ではないのかもしれません。そんな多忙な子供の都合はおかまいなしに、一方的に命令してしまっては子供も反発してしまいます。子供が元気のない様子の時は、一言言いたい気持ちをグッとこらえて、食事や睡眠などに気を使ってサポートに回ることが重要です。

人と比べない

小学生の子供のやる気を失せさせるありがちなミスが、人と比べることです。「〇〇ちゃんはあれだけできているのに…」の親に言われるほど子供にとって辛いことはありません。子供の世界にも、元々の向き不向きを察してあの子には勝てない、といった嫉妬や羨望はあります。そこへきて、どんな事があっても自分を受け入れてくれるママにその子との差を指摘されてしまっては、とても傷ついてしまいます。どんなに向いていない事でも、長くやっているうちに必ず上達する部分は出てきます。その勉強や習い事で絶対優秀な成績を納めなければならないと肩肘張らずに、「この前よりここが上手になったね」などと一声かけてあげましょう。そうすれば、子供はことさら自分はだめだと自信を失ったりせずに、いい意味で自分の事だけに集中して楽しく勉強や習い事に取り組む事ができるでしょう。

まとめ

以上、小学生の子供にやる気を出させるための3つのポイントを紹介しました。勉強や習い事に限らず、普段のお手伝いなんかにも使えそうな心がけですよね。ついやる気の出ない小学生の子供にイライラしてしまっていたお母さんも、明日からぜひ実践してみてください!

Date 2017-08-04

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • スポーツも学校も!小学生の子供がやる気になれる3つのポイント

おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具 おもちゃと外遊び!!外に出よう!いろやが選ぶ遊び道具

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

078「シャー」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集