大人では想像できない!子供が大はしゃぎする意外な遊び方

皆さんのお子さんは午後お昼寝をしていますか。午前中にあまり体力を消費しないと、夜寝るまで騒がしさが続きます。なるべく親の体力を使わずに子供がはしゃいで体力を減らし昼も夜もあっさりぐっすり寝てくれるような方法をずっと模索しているので、いくつかご紹介します。

おもちゃで外遊び

家の近くに公園があり、さらに日陰にベンチなどがあれば最高です。うちの近くにも公園がいくつかあり、遊ぶ用途によって使い分けています。あまり遊具は無いけれど広々とした芝生の公園ではボールやフリスビーで遊びますが、その時の親の心境はワンコの飼い主気分です。途中から娘は自分で投げたボールを自分で拾いに行くセルフキャッチボールを始めるので助かります。

砂場や遊具のある公園は子供の興味が至る所に移りはしゃぎっぱなしです。砂場で遊ぶセットを持って行くともくもくと砂場を掘っています。飲んで洗っておいたペットボトル一つ持って行くだけで近くの水場から水を持って来ては砂場にかけて海や川、湖ごっこをしているので安上がりです。シャボン玉を持って行った日には親はベンチで座りながら、シャボン玉を吹くだけで子供が駆け寄って潰しに行くので体力が温存されます。我が家の玄関には遊びに行く場所によっておもちゃをそれぞれ分けて、砂場セット、シャボン玉、縄跳び、フリスビー、ボールなどを用意しています。どれも100均などでも手に入るので経済的です。

暑くなってきた頃から水遊び

これからの時期は水遊びが最強です。暑い日差しが照りつける中の水遊びは子供の体力を根こそぎ奪っていきます。我が家から車で少ししたところにいくつか水遊びができるところがあります。ミストが出ているだけの場所でも大はしゃぎするので助かります。きちんと水が流れているような所では水着、タオル、着替え、レジャーシート、お弁当などを用意し本気で遊びに行きます。

この時、夫に着替えの用意をお願いすると替えのパンツを忘れることがあるので注意です。一度それで娘がズボンだけを履いて帰ってくることになりました。遊ぶ場所につくと水着に着替える前から子供ははしゃぎっぱなしです。水場に連れて行くと、浅いところで寝転がりじょうろで頭から水を浴びます。帰るころには、口から産んだかと思うほどのおしゃべりさんが黙って座って、親がよそ見をした隙にうたた寝し始めるほどです。

お店のキッズスペースは大助かり

家の近くや少し足を伸ばした先の場所にキッズスペースがあるお店も多いのではないでしょうか。我が家も週末用の近場のお店、連休用の少し離れたショッピングモールなどがあります。お店自体がファミリー層を狙った作りをしているとトイレやフードコートも利用しやすくて助かっています。キッズスペースも広くとってあり、おもちゃもさまざまです。そしてなにより涼しいのが魅力的です。家には置けない大型のおもちゃも多く、休みが近くなると子供ははしゃぎながらお店の名前を連呼し始めます。そこで全くしらない子供たちと遊ぼうと声をかえはじめるので、コミュニケーション能力の高さは見習いたいばかりです。

まとめ

野外で遊ぶ時も、屋内で遊ぶ時もやはり家にはない、遊べないおもちゃで子供は大はしゃぎです。ですがどこで遊ぶのでもこれから注意したいのはやはり熱中症です。帽子と飲み物は必需品です。飲み物もどこでも買えると油断すると遊びに来たみんなが買っていき子供の飲めるものが売り切れていることもあったので要注意です。そして親はどこに遊びに行くのでも大変ですがなにより子供が楽しんでくれる姿を見るのが一番嬉しいですね。子供の体力に負けないように頑張りましょう。

Date 2017-06-12

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 大人では想像できない!子供が大はしゃぎする意外な遊び方

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

120「…」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集