遊びながらバランス感覚や反射神経が身に着くバランスバイクはいつから?

バランスバイクは自転車に乗るのはちょっとまだ早いかなと思われる幼児などが、楽しみながらバランス感覚や反射神経が身に着け自転車操作の練習が出来る幼児用の乗用玩具です。形状は自転車ですが自転車と大きく違うところはペダルがないこととブレーキがついていないことです。幼い幼児の場合ブレーキを握る力がまだ十分ではありません。バランスバイクでは足がブレーキになります。ここで危ないときは足で止まるといった反射神経も鍛えることができます。

バランスバイクと対象年齢と操作方法

バランスバイクの対象年齢は2歳からが多く設定されていますが、これはメーカーによっても異なるので、対象年齢をちゃんと確認してから購入する必要があります。まずこのバランスバイクでバランスを取り操作に慣れることで、その後自転車を乗る時期には、初めから補助輪を使用しなくても早くにマスターすることができます。大きさはバランスバイクに乗る子供が、バランスバイクにまたがってハンドルを持ちサドルに座った状態で足の裏が充分地面に着き、その体勢で無理なく歩くことが出来るサイズを選びます。

練習方法は初めはバランスバイクのハンドルを持ちまたがって立った状態で前に進んでみます。次にサドルに腰を下ろし座った状態で前に進みます。ここで子供はハンドルやバイク本体のバランス感覚が身に付きます。次にサドルに座った状態で両足でペダルをゆっくり漕ぐ練習に移ります。はじめはバランスを崩したら足を着くといった繰り返しでも、子供は自分の力で前に進むという楽しみを学びます。そして徐々に両足でペダルを漕ぐ時間が長くなり、気づいたときにはうまくバランスを取って足を着かなくても進むことが可能になります。始めたその日でマスターする子供も大勢います。楽しみながら自転車の練習が幼いころから出来るのがバランスバイクです。

ホップルのウッディバイクがおすすめの理由

ホップルのウッディバイクは対象年齢は1歳から3歳と非常に小さい時期から使用することが出来ます。大きなバランスバイクはまだ難しいといった幼児でも使用できる木製の四輪バイクです。四輪ですので安定感があり天然のピーチ材を使用した本体は木の温かさを感じられます。座面は成長に合わせて2㎝前後に調整することが出来ます。ラバータイヤを使用しているので、フローリングの室内でも静かに遊ぶことも出来、もちろん室外での使用も可能です。

まとめ

子供の自転車練習が大変だったという経験を持つ方も多くいます。このバランスバイクで幼いころからバランス感覚やハンドル操作を身に付けておくとそのような心配もなくなります。また同時に反射神経も鍛えることが出来るこのバランスバイクはおすすめの幼児用乗用玩具です。

Date 2017-06-05

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 遊びながらバランス感覚や反射神経が身に着くバランスバイクはいつから?

秋夜に読みたい本のはなし 秋夜に読みたい本のはなし

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

着物ウーマン

 最新話

122「公園で」

Instagram更新中!

お知らせ

お知らせ一覧

こどものおでかけスポット

特 集