赤ちゃんのファーストトイの購入前に知っておきたい!おもちゃの3つの選び方

人生の大イベント「出産」を終えたお母さん。さて、可愛い我が子に何のおもちゃを買っていいのやら迷いませんか?
にぎにぎするもの、音の鳴るもの、カラフルなもの、ガラガラ、ベビーマットなど、ありすぎて私も初めての子供何を買っていいのかわかりませんでした。買ったはいいものの興味を示ず使わなかったおもちゃもあります。そこで、私の経験から赤ちゃんのファーストトイの選び方について3つ説明をさせていただきたいと思います。

ポイント1『カラフルな世界を見せてあげよう』

生まれたての赤ちゃんの視界は0.01程で、色も白黒グレーの色しか判断ができません。生後1.2カ月位になってくると視力も上がり、初めて識別する色は赤だと言われています。 そこから徐々に他の色も認識するようになるので、ハッキリとしたカラフルな色のおもちゃを選んであげる事で、赤ちゃんの脳をいっぱい刺激してあげるのです。

ポイント2『心地のいい音を聞かせてあげよう』

赤ちゃんの聴覚は産まれた時から出来上がっています。英語のLとRの聞き分けも出来る程発達されている事がわかっています。よく胎教にいい音楽を聴かせた方がいいとか、お腹に話しかけてあげるといいなど言いますが、かと言って大きな音にはまだ慣れないものです。

適度な音量で、様々な音域の出る音楽おもちゃなどは赤ちゃんの刺激にもなり、発達を促すきっかけになると思います。

ポイント3『優しい触り心地で安全性』

産まれたてだとまだ、握力がすくなかったりするので、最初にあげるものは柔らかく、優しい感じのおもちゃが最適です。それを考えると布製のおもちゃは赤ちゃんにとって遊びやすいといえるでしょう。

ただこの時に注意してほしいのが、安全性です。布製でも細長いものは首に絡まったり、小さい物だと口に入れやすく誤飲してしまったり、形によっては安全では無いものもあったりします。おもちゃを買うどんな時も、万が一の事を考えて安全性のあるおもちゃを選びたいですね。

まとめ

以上3つが私の伝えたいおもちゃ選びのポイントです。基本的には赤ちゃんの五感に沿って、発達を促すような説明にはなっています。それによって興味を示して遊んでもらい、産後の大変なママの手助けもしてくれるような、その子に合ったファーストトイを選べれば最高ですよね。発達にも個性があると思うので、一度買う前に赤ちゃんの事をよーく観察してあげてください。この子は音に反応しやすい!以外と目で物を追う!この子は握力が強い!など赤ちゃんも人間で、産まれた時から個性を持ってるものです。著者の様に高いお金を出して、全く興味を示してもらえなかったという事もあるので、是非参考にしていただければ幸いです。

Date 2016-09-13

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 赤ちゃんのファーストトイの購入前に知っておきたい!おもちゃの3つの選び方

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集