仕掛け絵本が子供にとって良い影響を与える理由とその効果とは?

仕掛け絵本は、とびだしたり、さわって楽しむものや、めくったり、ひっぱったりできる、子供にとって楽しい絵本です。小さい赤ちゃんからでも楽しむことができるので、おかあさんといっしょに、遊びながら知恵がつく本です。

今は、仕掛け絵本でも、本の上でミニカーを走らせて、楽しめるものもあります。大人もびっくりするような仕掛け絵本です。好奇心旺盛な子供は、そんな仕掛け絵本を目の前にすると、興味を持って何時間でも遊びます。

めくったり、ひっぱったりすることで、脳の発達に影響を与える

手、指を使うので小さい赤ちゃんにとっても、成長するのにたへん効果があります。また、びっくりしたり、笑ったり、表情豊かに育ってくれます。絵本には、あまり興味がなくても仕掛け絵本になると、くぎ付けになる子供もいます。

立体に見えるので、おもしろく魅力があるかもしれません。子供にとって興味のあるものが1番です。乳児期、幼児期にいろいろな本を与えて、興味をひかせていきます。世界地図のような、仕掛け絵本もあるので小さいときから持たせると、地理に詳しくなるかもしれません。

仕掛け絵本の驚きとおもしろさで想像力アップ

赤ちゃんのときから、絵本をもたせることは、たいへんいいことです。仕掛け絵本の場合、本に興味をもたせることができます。想像力が豊になるということは、いろいろなことにつながっていきます。遊びの中で想像力をたくわえて、感性豊かな子供に育っていきます。

絵がうごくという本もあります。子供の年齢によって、その時期に合わせた本を持たせたらたらいいです。また、自分のお気に入りの本は、こわれても修理しながら大事に使います。

仕掛け絵本で親子のコミュニケーションが自然にとれる 

保育園や、幼稚園でも本の読み聞かせをしているあいだ、子供は真剣にその話に夢中になって聞いています。それほど子供は、本がすきです。仕掛け絵本だと、仕事から疲れて帰ってきたお父さんも、楽しみながらいっしょに読めます。今日は、雨でどこにも出かけられないときのためにも仕掛け絵本で遊べます。

自分が好きだった本は、大人になっても覚えています。なつかしくなって、また読んでみたいなと思ったり、あの本をもう一回読んでみたいなと思うときがあります。それほど、本の影響は、すごいです。

まとめ

昔は、とびだす絵本がはやりました。今は、それをはるかに越えた作りになっています。子供は、記憶力がいいので、そいう時期にいろいろな本を読ませたり、遊ばせたりすると自然と知恵もついてきます。大人でも楽しめる仕掛け絵本ですので、子供と毎日楽しめます。何種類とあるので、いろいいろな種類を与えてみてはどうでしょうか。きっと、お気に入りがみつかります。

Date 2016-08-24

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 仕掛け絵本が子供にとって良い影響を与える理由とその効果とは?
    © アノニマ・スタジオ

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集