いつから積み木で遊べるの?子供の年齢に応じた積み木の遊び方

積み木はシンプルなおもちゃなので、積み木を積み重ねていくという定番の遊び方だけではなく、お子様の成長に合わせて、遊び方を変えることができるところも大きな魅力です。積み木は小さなお子様に人気のおもちゃですが、いつから積み木で遊ばせたら良いのでしょうか。ここでは、お子様の年齢に応じた積み木の遊び方について、ご紹介したいと思います。

2歳~3歳の積み木の遊び方

いつから積み木で遊ばせたら良いのか、悩んでしまうこともあるかもしれませんが、1歳くらいのお子様でも、積み木に興味を示します。しかし、1歳くらいのお子様は、積み木を触ったり並べたりしますが、本格的に積み木で遊ぶようになるのは2歳くらいからかもしれません。お子様が2歳~3歳の時は、積み木を上に積み重ねていく遊び方が良いでしょう。大きめの積み木を積み重ねることに慣れてきたら、今度はやや小さめの積み木を積み重ねる遊び方も良いかもしれません。小さなお子様が積み木を積み重ねる遊びをすることで、集中力が高まるので、遊びを通してお子様の能力を磨くことができます。

3歳~4歳の積み木の遊び方

お子様は、いつから積み木を使って、好きなものを作るようになるのでしょうか。お子様が3歳から4歳くらいになると、好奇心旺盛に周囲の様々なものに興味を示すようになります。好きなものに、より強い興味を持つようになるのもこの時期ですが。3歳から4歳くらいの時期は、積み木で動物や乗り物や建物など、お子様が好きなものを作らせてあげると良いでしょう。様々な形の積み木を床に並べて、好きなものを作るというような遊び方や、積み木を上に積み重ねることで、好きなものを作るという遊び方も良いですね。お子様によっては想像力を使って、見たこともない生き物を積み木で作るようなこともあるでしょう。このように自由な積み木の遊び方をすることによって、お子様の創造性を高めることができます。

4歳~5歳の積み木の遊び方

お子様が4歳から5歳くらいになると、自分で積み木の遊び方を工夫するようになります。積み木で好きなものを作るだけではなく、積み木で作ったものでごっこ遊びをしたり、積み木を使って楽しいゲームを思いつくこともあるかもしれません。たとえば、積み木の色や形によって、種類を分けるゲームや、丸い積み木・三角の積み木・四角の積み木というように、順番に並べていく規則性を使ったゲームをするなど、積み木で様々な遊び方をするようになります。保護者の方が、お子様が考えた積み木のゲームを一緒に楽しむことで、コミュニケーションが深まり、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

まとめ

積み木は、お子様の年齢に応じて、様々な遊び方ができるおもちゃです。シンプルであることから、自由な遊び方ができるので、遊びを通して、お子様の年齢に応じた様々な能力を磨くことができます。また、保護者の方が、お子様と一緒に積み木で遊ぶことで、お子様の成長を見守ることができるでしょう。

Date 2016-08-12

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • いつから積み木で遊べるの?子供の年齢に応じた積み木の遊び方

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集