木工職人が創り出すこだわりのこどもおもちゃ。オークビレッジの木製玩具

赤ちゃんが初めてタッチするおもちゃと言えば、どんな物を思い描きますか。おしゃぶりや、ガラガラ、積み木など、色んなアイテムがありますよね。赤ちゃんは、おもちゃに接する時、お口に入れてなめたり、たたいたり、投げたりして遊びます。

これは、五感を使って様々なアンテナを張り巡らせて、学んでいる証拠。赤ちゃんにとって、おもちゃ遊びが生活であり、学びの第一歩となります。そんな大切なおもちゃに、ピッタリなオークビレッジの木製玩具を紹介します。

日本を代表するものづくりブランド。オークビレッジ

オークビレッジとは、1974年に創立以来、木にこだわったモノ造りを実践しているブランドメーカーです。自然との共生を考え、「百年かかって育った木は、百年使えるものに」をコンセプトに自然素材をそのまま生かした製品造りが人気を呼んでいます。

乳幼児には、国産の無垢の木にこだわったおもちゃで、こどもに森そのものを感じてもらいたいと無垢材のままおもちゃへと加工しています。さわって、なめて、おもちゃを感じる赤ちゃんだからこそ、本当に良いものを、安全なものを提供したい、そんな気持ちが伝わってきます。木の持つ温もりや、におい、音、色のすべてを感じ取れるでしょう。

オークビレッジの楽器玩具のおすすめポイント

楽器玩具というと、どんなイメージを持っていますか。こどものタイコやカスタネット、ラッパのようなおもちゃを想像するのではないでしょうか。しかし、オークビレッジの楽器玩具は、きっと、あなたのイメージをガラッと変えてくれるでしょう。

こどもの楽器玩具は、音が高音になってしまうために、近年、買い与えにくいとされるおもちゃでもあります。しかし、オークビレッジの楽器玩具は自然の音を大切にしています。日本の広葉樹だけを原料に、匠の技で加工し、赤ちゃんの耳に優しい音にこだわっています。

「ふりふりからん」という名前のガラガラは、握って振りながら遊ぶ木製玩具です。赤ちゃんの手にも握りやすく、なめても口に引っかかりのないよう優しく匠の技で、削られ加工されています。

その他、楽器玩具には「かちかちからん」「ゆらゆらからん」「ぐるぐるからん」「森の合唱団」などがあります。

定番の子供玩具オークビレッジの積み木

オークビレッジの積み木は、すべて国産の木から作られています。木箱入りの「寄木の積み木」は、開けるとフワッと木の香りが漂います。鼻にあてて、その匂いを嗅ぐと、素材によって、違うことがわかるでしょう。積み木には金具は使用せず、木組みだけで作られた木箱と、細かな面取りを行い、口の中に入れてもケガをしないように十分に配慮された造りになっています。

大きさは、3cm、6cm、9cmなどを基準にして、縦横比を1対2、1対3と子どもの手に取りやすく、バランスを考えた積み上げができる設計となっています。

その他、積み木のシリーズには「森のどうぶつみき」「海のいきものつみき」があります。

まとめ

日本素材の木製玩具にこだわり、赤ちゃんにとって五感で学べるように配慮した自然おもちゃブランド、オークビレッジ。木工職人が一つ、一つ丁寧に造り、こどもの成長を支えるおもちゃならではの良さが生かされています。赤ちゃんの生活には、確かな製品をプレゼントしたいものですね。

Date 2016-08-08

PROFILE

ものづくり研究所編集長
ものづくり研究所編集長

小学校1年生の男の子のママ。
学校が終わった後は公園へ遊びに行き、家の中では怪獣のような息子ですが、にぎやかで楽しい毎日を過ごしています。はじめての子育ては、悩む事も多く大変な事が多いです。良い記事をお伝え出来るように子育てと一緒に頑張って行けたらと考えてます。子供の好きな食べ物はウインナーで、私はリンゴです。

この記事が気に入ったらポチっ!

  • 木工職人が創り出すこだわりのこどもおもちゃ。オークビレッジの木製玩具
    © オークヴィレッジ

いろやオンラインへ いろやオンラインへ

こどもを育む!おすすめ商品

人気のこども・ものづくり研究所

取り扱いブランド・出版社

まだまだたくさん

こどもを育む、ブランド・出版社一覧

特 集